English

Sapporo Conference for Palliative and Supportive Care in Cancer 2014 がん緩和ケアに関する国際会議 2014.7.11 fri - 12 sat 主催/医療法人 東札幌病院

  • ごあいさつ
  • 組織委員会
    • 組織委員会
    • シニア・アドバイザリー・コミッティ
    • 名誉顧問(Honorary Advisor)
  • Sapporo Conference2017
    • 大会長・副大会長からのご挨拶
    • 開催概要
    • 日程表・プログラム
    • 座長・演者・司会の皆様へ
    • 参加者の皆様へ
    • 企業の皆様へ
    • 会場アクセス
    • 宿泊案内
  • アーカイブ
    • 2014
  • お問い合わせ
  • リンク


日程表・プログラム

第二回がん緩和ケアに関する国際会議日程

2017.6.16

  • 8:00-12:30

    シンポジウム1 がん患者の精神・心理療法における最近の進歩
    座長:William Breitbart (Memorial Sloan-Kettering Cancer Center, USA)
    モデレーター:大西秀樹(埼玉医科大学国際医療センタ-)
    基調講演:William Breitbart
    【進行がん患者の人生の意味に焦点を当てた集団精神療法】

    Harvey Max Chochinov (University of Manitoba, Canada)
    【ディグニティセラピー(尊厳療法) 題名リクエスト中】
    Phyllis Butow (University of Sydney, Australia)
    【がん再発に対する不安 題名リクエスト中】
    Andrew J. Roth (Memorial Sloan-Kettering Cancer Center, USA)
    【高齢がん患者の精神・心理療法】
    内富庸介 (国立がん研究センター)
    【思いやりを持ってがん患者に重大な知らせを伝えることを指導する技術】

  • 12:30-13:30

    ランチセミナー
    Palmer Taylor (Skaggs School of Pharmacy, University of California, San Diego, USA)
    【加齢にともなう認知症治療に用いるコリンエステラーゼ阻害薬の作用機序、ベネフィットおよび限界】
    座長:大西秀樹(埼玉医科大学国際医療センター)

  • 13:30-17:30

    プレナリーセッション

    • 13:30-14:30

      Russell K. Portenoy (MJHS Hospice and Palliative Care, USA)
      【オピオイドの副作用と乱用:その理解と管理】
      座長:照井健(東札幌病院)

    • 14:30-15:30

      Sriram Yennu (The University of Texas MD Anderson Cancer Center, USA)
      【個々の患者に合わせた、がん関連倦怠感の治療:目的とする機序、コルチコステロイドの役割、および併用療法】
      座長:町野孝幸(東札幌病院)

    • 15:30-16:30

      David Hui (The University of Texas MD Anderson Cancer Center, USA)
      【進行・終末期がん患者におけるせん妄:最近のEBM知見】
      座長:下山直人(東京慈恵会医科大学附属病院)

    • 16:30-17:30

      Eduardo Bruera  (The University of Texas MD Anderson Cancer Center, USA)
      【緩和ケアにおける症状と苦悩の評価】
      座長:佐治重衡(福島県立医科大学)

  • 18:00-

    懇親会

2017.6.17

  • 8:00-12:30

    シンポジウム2 緩和腫瘍学の将来
    座長:Mellar P. Davis (Geisinger Medical Center, USA)
    モデレーター: 高橋孝郎 (埼玉医科大学国際医療センタ-)
    基調講演: Mellar P. Davis (Geisinger Medical Center, USA)
    【緩和ケアの腫瘍学への統合:患者中心の医療におけるベネフィット、期待およびギャップ】

    Thomas J. Smith (Johns Hopkins Medical Institutions, USA)
    【米国臨床腫瘍学会(ASCO)が推奨する緩和腫瘍学 - チーム医療】
    Gavril Pasternak (Memorial Sloan-Kettering Cancer Center, USA)
    【オピオイドの有用性、現在と未来】
    Joann N. Bodurtha (McKusick-Nathans Institute of Genetic Medicine, USA)
    【緩和ケアの臨床遺伝学的課題】
    Frank J. Brescia (Medical University of South Carolina, USA)
    【哲学的腫瘍学 – 医学、哲学、および宗教の融合】
    [Additional comment] 照井健(東札幌病院)
    【緩和腫瘍学: 緩和ケアと臨床腫瘍学の齟齬を解消する】

  • 12:30-13:30

    ランチセミナー
    David Miles (Mount Vernon Cancer Centre, West Herts Hospital Trust (Breast clinic at St Albans City Hospital) UK)
    【転移性乳がんにおける分子標的薬を含む化学療法実施の重要性(仮題)】
    座長:佐伯俊昭(埼玉医科大学国際医療センター)

  • 13:30-17:30

    プレナリーセッション

    • 13:30-14:30

      Friedrich Stiefel (University Hospital Lausanne, Switzerland)
      【医師に焦点を当てた研究の必要性:二国間比較研究の結果およびその臨床への影響】
      座長:河西千秋(札幌医科大学医学部)

    • 14:30-15:30

      Holly M. Holmes (UT Health, The University of Texas Health Science Center at Houston, McGovern Medical School, USA)
      【高齢がん患者への継続したケア全体の中で、老人病専門医が果たし得る役割】
      座長:三宅智 (東京医科歯科大学大学院)

    • 15:30-16:30

      David Currow (Flinders University, Australia)
      【消化管閉塞の管理】
      座長:辻晃仁 (香川大学医学部)

    • 16:30-17:30

      Mellar P. Davis (Geisinger Medical Center, USA)
      【オピオイド誘発性痛覚過敏およびオピオイドの併用について】
      座長:山蔭道明 (札幌医科大学医学部)

  • 18:30-

    懇親会(参加者:演者・座長の皆様)

  • 2017.6.17
    9:00-17:00
    (別会場にて開催)

    ワークショップ:進行がん患者の人生の意味に焦点を当てた精神療法

    座長: William Breitbart
    モデレーター: 藤澤大介 (慶應義塾大学)
    石田真弓 (埼玉医科大学国際医療センター)
    清水研 (国立がん研究センター)